恋愛において、連絡を取り合ったり、直接会ったり進展させる為には、様々な方法があります。その中でも欠かせないのが「会話」です。連絡を取り合うことは大丈夫だけど、直接会話することはちょっと苦手という人もたくさんいらっしゃるでしょう。

 

しかし、口下手だからといって恋愛が上手くいかないとは限りません。相手に自分の気持ちをしっかりと伝えれば、会話が下手でも問題ありません。今回はそんな恋愛に欠かせない会話術についてご紹介していきましょう。

 

モテる会話術!男性について理解を深める

まず前提として、相手は人間ですので、相手によって会話の内容を変化させることも重要なポイントです。例えばですが、堅いイメージの人であればあえて面白い話をしてみる、男性にだらしない印象を持たれていそうなら、堅いイメージを演出してみるなどです。

 

男性によって、会話の内容を変化させることで、会話もスムーズに進み仲良くなれるのも時間の問題といったところです。ただ、必ずしもスムーズに会話を進める必要はありません。あまり喋りすぎていると、自分と話すことに緊張がないのかな、女友達と同じ感覚で話をしているのかなと逆効果になってしまう場合もあります。

 

そうならない為にも、必死に喋り続けるのではなく、緊張して話せない時は緊張したままのありのままを見せましょう。その緊張しているという気持ちはきっと相手に伝わりますんで、マイナス効果になることはないでしょう。

 

男性が思わず話していたいと思える女性の話し方とは

好きな男性が出来ると、誰もがその人と一緒にいたい、もっと話したいと感じるものです。会話は人と人の距離を縮める重要な要素の一つで、お互いのことを知る為には、まず話しをしなけばなりません。

 

しかし、緊張だったり会話が苦手だったりと上手くいかず悩んでいる人も多いのではないでしょうか?「何を話していいのかわからない、、」「緊張して話せない」「会話が盛り上がらずその先に発展しない」そんな悩みを抱えている人は大勢います。

 

そんな方が必見の情報として、恋愛で使える会話術を各ポイントごとに解説していきましょう。

 

聞き上手になること

会話術といっても、何も話すだけが会話のテクニックではありません。みなさんも友人と話している時など、あまり反応が返ってこないとこの話題には興味がないのかな?と感じますよね。それと同じで、恋愛でも会話をしている時の反応は非常に重要なポイントです。

 

男性というのは、自分のことだったり、熱中している趣味を熱く語ったりします。そんな時、相手の女性がつまらなさそうにしていては、男性側も冷めてしまい、会話がなくなってしまいます。

 

どんなに興味がない内容であっても、驚いてみたり、疑問点を探して質問してみることで男性側も気持ちよく会話することが出来ます。ポイントとしては、男性の意見に共感することが重要です。同じ考えを持ってくれている女性であれば、一緒にいて負担にならないし、楽しいと感じるのが普通です。

 

そういった安心感や共通点を作り出すことで、恋愛成就の一歩を踏み出すポイントにもなります。会話が苦手という人でも、聞く側に徹するということであれば、話題を考えなくていいので、誰もが使えるテクニックなので必ず抑えておきましょう!

 

会話はバランス!タイミングも考慮して!

まず恋愛においての会話は仕事での会話とは全く別物だという認識を持ちましょう。堅い内容だったり、真面目な話ばかりしていると、相手は退屈してしまいます。反対に適当な内容ばかり話していては、あまり良い印象を与えることはできないでしょう。

 

その為、どちらに偏りすぎてもだめなので、バランスを重視しましょう。普段は真面目な話ばかりしているけど、ふとした時にちょっと面白い話を一つ盛り込んでみてください。そうすることによって、ギャップを与えることも出来ますし、その場の雰囲気を良くすることも出来ます。

 

退屈な話ばかりでは、話していて苦痛にしかなりませんので、時間を忘れるような楽しい話を一つ準備してみるだけで、その後の会話も自然とスムーズに行くものですよ。

 

特別だと感じさせることが重要

続いては、意中の男性を一気に虜にするテクニックをご紹介しましょう。男性というのは、特別感を持って対応してくれると、非常に好感を持つようになります。その為、会話の中にそういったフレーズを紛れ込ませることによって、女性として意識させることが出来ます。

 

例えばですが、「誰にも話してないんだけど、、」「初めて話すんだけど」こういったフレーズを付け加えてみましょう。

 

自分だけに話してくれているという特別感と他の男性とは違うという差別化をすることができ、一気に友人から、恋人候補としてあなたを見るようになるでしょう。

 

このように二人だけの秘密を共有することで、男性からも個別の相談があったり、関係が進展するような内容の話に発展したりするので、意識して特別感を出してみるのもテクニックの一つです。

 

 

少しフランクに対応してみる

男性と話していると、年下の場合は敬語を使わないかもしれませんが、年上の場合はまず敬語でしゃべりますよね。しかし、年上の男性からすると、年下の女性から敬語ではなく、親しく話されることは決して悪い気持ちはしないものです。

 

例えばですが、敬語の場合は

「そうなんですね!」

少しフランクに対応した場合は

「そうなんだ!あっすいません!」

こういった感じです。

 

男性と話をすることに夢中でついつい敬語を忘れて、ため口で話してしまったという演出をすることで、男性からは親しくなった印象を受けますし、お詫びの言葉を添えることによって、礼儀正しい女性というイメージを与えることも出来ます。

 

いつまでも敬語で話していては、その後に発展しない可能性があります。年上の男性や立場が上の男性と話をする時は、重要なテクニックの一つとして覚えておきましょう!

 

自分の意見も含める!その上で男性を立てる

多くの女性が、意中の男性と話していて「すごいですね」など褒める言葉を多様したがります。しかし、こういった誰もが言うようなワードでは強い印象を与えることが出来ません。そこで止まってしまっては、他の女性と変わりありませんからね。

 

意外ですが、男性は褒められることに慣れている人もいます。その為、言われれば言われるほど社交辞令で話してるのかな?と不信感を抱きます。そうならない為にも、あなたのオリジナルの意見を混ぜて褒めると効果的です。

 

例えばですが、「昇進したんですよね、おめでとう」これが通常パターンです。

 

これをすこし変化させてみて「昇進したんだよね。おめでとー。いつも遅くまで残業して、頑張ってる姿を見ていたから昇進が決まった時は本当に嬉しかったよー」こういった形で褒めてみましょう。

 

日ごろから自分のことを見てくれていて、結果だけ見て話していないというアピールにもなります。そういったフレーズやワードには男性は敏感に反応しますので、聞き逃すことはあまりないでしょう。

 

他の女性と差別化をはかりたいのであれば、まずは自分の意見を言うことが重要です。その上で、男性に対してアプローチをすることで良い効果を生み出すことが多いのでチャレンジしてみましょう。

 

まとめ

今回はモテたい女性必見の恋愛会話術についてご紹介しました。会話というのは難しいもので、上手く伝わらなければ、悪い効果を生んでしまうことがあります。

 

それだけ恋愛を左右する重要なポイントということです。しかし、口下手だからといってあきらめる必要はありません。基本的な部分をしっかりと抑えて、非常識な対応をしなければおのずと良い結果はついてくるものです。

 

口下手でも一生懸命話してくれているということは、男性にもきっと伝わるはずです。ありのままの自分で思い切って男性に自分をアピールしてみましょう。