今ではLINEは私たちの生活に無くてはならない物になってきました。気楽にやり取りできるのはOKなんですけど、使い方を間違えると「ウザイ人」になってしまうので要注意です。

 

そんな中「いいな」と思っている女性とLINEをしてるけど、相手に好かれるLINEのやり取りがしたい、と考えている男性も多いんじゃないでしょうか。

 

でもそうやって考えてやり取りをすればするほど「好かれる」どころか返信すらこなくなる、というケースをよく耳にします。 そんな経験がある人や仲良くなりたい、という人向けに今回この記事を書きました。

 

まずは好かれよう、と意識するまえに嫌われずにコミュニケーションをとることを考えていきましょう。好かれる第一歩は嫌われない事です。ここでは嫌われる、ウザがられるLINEのパターンをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくだい。

 

プライベートな時間に割り込んでくる

忙しい時間帯や何か他の事に集中している時にくるだけで、「うわ、面倒くさ・・・」と思ってしまいます。相手の女性が忙しい時間や暇な時間は可能な限り把握しておくほうがいいですね。

 

例えば、

「今日はバイトがないって言ってたから、家でゆっくりしている時間帯かな」

とか

「レポート提出明日までって言ってたから今忙しいかな」

などですね。

 

相手の女性にイラッとされないように注意しましょう。好きな男性からなら許せるけど、そうじゃない男性からなら単に面倒くさいだけです。わかりやすい時間帯、特に寝てるんじゃないかな?という時はもちろんですね。

 

布団の中でうとうとしている時にLINEが来て、その内容がどうでもいいものだったら、「もー勘弁してよ!」となってしまいます。一度目が覚めたらなかなか寝付けないものです。

 

うざがられるだけじゃなくて、相手の事を考えない人、自己中心的な人という烙印をおされてしまいますので、LINEを送るタイミングはものすごく大事です。送りたくなっても、ぐっと我慢しましょう。

 

長文で自己完結してしまっている

LINEは時間差をなくして会話のようにやりとりができるのが大きなメリットです。そのメリットを壊すよう長文は、仕事での連絡事項ならまだしも、好きな女性に使っては絶対にだめです。

 

長い文章というのは読んでいて疲れますしウザく感じます。特に仲良くなっていない初期の段階ならなおさらです。例えば合コンが終わって家でゆっくりくつろいでいる時に「今日はどうもありがとう。楽しかったよー。」プラスアルファくらいならいいんですけど、

初めてあった第一印象が~、

もっと一緒にいて仲良くなりたかった~、

普段は家で何してるの~、

趣味は僕も映画を見ることで~

・・・・・・・

 

正直どうでもいいし面倒くさいし、と女性はみんなそう思っています。 なのでLINEの文面は短めで軽いものにしておきましょう。チャラチャラした感じではなくて、ライトな感じですね。相手が返信に困るような内容を送ることはやめましょう。

 

これを読んだ相手の女性はどう感じるだろう?といつも意識しながら送っていけば大丈夫です。質問は1つの文に1つまで。その答えを掘り下げて話題をひろげればいいんです。

 

リアクションが難しい内容のLINEばかり送っていると、返信がないのを通り越してブロックされてしまいますよ。

 

短文連投&返信督促LINE

ラリー形式の軽いタッチのやり取りはOKというお話をしましたけど、下の例はNGのケースなんで間違えないようにして下さい。

「おはよー」

「これから仕事いってくるね」

「あーお腹すいた。◯◯ちゃんもうご飯食べた?」

「やっと仕事終わったー。◯◯ちゃんはもう家?」

違いに気がついた方は、これからこんなNGなLINEは送らないようにしてくださいね。何が違うかっていうと、相手の同意もないし相手の興味もない一方的な状況報告LINEだからです。

 

こういう内容のLINEを送られたら正直怖いでしょうし、私はあなたのお母さんじゃない、といいたくなる人もいるでしょう。LINEの通知数を毎回みるだけでゾッとします。

 

短文で回数が長いと、どれに返信していいかわかりませんし、返信したらまた送ってくるんじゃないか?と不安にもなります。

 

楽しいはずのLINEが不安な気持ちになるんだったら、返信せずにおこうと思ってしまいます。なので無意味な連投LINEはやめましょう。それからさらにうざがられるのが、返信する前に送られてくるLINEです。

 

1通目が送られてきてからそんなに時間がたっていないのに、「届いたー?」や「あれ?どうしたの?」の確認や催促のLINEです。

 

要らない心配、とうのが感想です。LINEはちゃんと届いているし、おそらくLINEがきている事も気づいています。返信がないのは忙しいとか返信したくないような理由があるからです。

 

なのに確認督促LINEがくると、「だーかーらー、今忙しいんだって!」と女性でなくてもなります。返事がないのは既読スルーと未読スルーがありますけど、ちょっと内容が違います。

 

未読の場合は忙しい場合があります。これは仕方ないですね。相手にもタイミングやライフサイクルがありますから、理解が必要です。

 

さすがに24時間たって返信がないとちょっとは疑いましょう。2日たっても既読にすらならないのは、あなたが相手にとってその程度の存在だと言うことです。

 

既読スルーの場合は相手がわざと返信を遅らせている場合があります。わざと遅らせてじらすパターンです。ここはじっと待っておきましょう。相手に悪気はないんです。

 

これも24時間待って返信がないなら考えましょう。返しにくい内容のLINEではなかったか?送った文面をよく見直してみましょう。この場合はたいてい2~3日して当たり障りのない内容のLINEをしてあげると返信がくる場合があります。

 

返信がなかったのは、返信しづらい内容(恋愛関連の話題や質問)だった可能性が高いのでもう一度やり直しです。女性の答えはシンプルです。返信したくない、これは立派な理由です。「返信がないのが理由」なんです。

 

話の内容が重い

「あー疲れたー!」や「もうこの仕事辞めようかな」というような内容のLINEですね。相手の女性からしてみれば「それで?どうしたの?」という感情がわくだけです。

 

「大丈夫?あんまり無理しないでね」という返信は付き合っている恋人同士限定のものです。仮に相手の女性のやさしさから返信があったとしても、何度も続けていては呆れられます。

 

正直女性は男性の弱音やネガティブな発言は聞きたいとは思いません。いつもと違う弱さを私だけに見せている、と感じるのも恋人同士だけです。そこまでいっていない段階ではやめておきましょう。

 

頼りないイメージにうつってしまうし、こっちまでネガティブになってしまいます。そんな相手とLINEしたいと思うでしょうか?恋人同士やよほど親しい仲ならOKかもしれませんけど、それ以外はNGです。

 

あとは例えば悩み相談なんかもいい例です。深刻な悩みなら聞いた方も真剣に答えなきゃいけないので時間も労力もかかります。そういう負担を感じる相手とはLINEしたくはなくなります。楽しい内容になるように心がけましょう。

 

笑いをとろうとして逆にサムイ

女性と楽しくLINEをするために、無理して笑わせようとして失敗している人がいます。男性側はウケてると思いがちですが、向こう側でかなりすべっているケースは十分に考えられます。

 

普通の会話ならスベっていると相手の表情でわかるんですけど、LINEは相手の表情がわかりません。なので、女性との会話では笑わせようとはせずに、「だめじゃーん(笑)」とか「◯◯ちゃんは~じゃないの?(笑)」程度に抑えておきましょう。

 

お笑い芸人さんが結構女性にモテていますけど、彼らは笑いのプロです。プロと同じ感覚で笑わせようとすると、独りよがりになってしまいますので注意して下さい。

 

馴れ馴れしい内容のLINE

わかりやすい例が呼び方なんですけど、いつも会って話す時は◯◯さんという感じで名字で呼ぶのにLINEになった途端に馴れ馴れしくファーストネームで呼ばれたら、「は?私の彼氏?」という感じになってしまいます。

 

こればギャップの使い方の悪い例ですね。普段控えめでおとなしい人(LINE)が実際にデートであってみると大胆で積極的というケースに女性は魅力を感じますけど、その逆はまったくだめなんです。

 

いつもと違う自分を見せるのはいいことなんですけど、LINEで人格が変わったような内容だと女性は戸惑ってしまいますし、魅力もわきません。

 

相手との適切な距離感、相手の自分に対する「好き度」をいつも考えてLINEするのがポイントですね。

 

一人で舞い上がったスタンプLINE

女性は簡単に手の内が読めてしまう男性には興味を持ちません。というか「アホ」な男性が嫌いです。きつい言い方かもしれませんけど、要するに「下心見え見え」だったり「はい、ここでこう言う返事がきて、こう誘ってくる、と」という風にです。

 

勉強ができるとか高学歴とかそういう事ではなくて、頭の回転が早いというか恋愛力高いというか、よく気が利くとかそういう意味です。会話をしていて自分の好意が相手にバレてはいけないということになるんです。

 

逆に「この人いったい何考えてるの?」という女性を情緒不安定にさせるミステリアスな男性はモテます。例えば女性からハートの絵文字が入った文面が送られてきたとします。

 

「今日は楽しかった~。また一緒に飲もうね♡」という感じです。

 

一見するとハートマークがついているせいで好印象を持ってしまいがちなんですけど、ちょっと待って下さい。ここで脈あり、なんて思うのは早合点です。

 

仮に思ったとしても、それを即喜んではいけません。本当に脈があるかないかなんて相手にしかわかりません。まので舞い上がってしまって、

「俺も楽しかったよ~♡また◯◯ちゃんと今度は飲みに行きたいな~♡♡」

なんて送ろうものなら、

「え?何勘違いしてるの?別にそういう意味で送ったんじゃないんだけど・・・」

という風に露骨に返信は来ないにしても、似たような感じで思われているのは間違いありません。女性のハートマークやスタンプは、社交辞令です。誰にでも送ります。

 

万が一脈があったとしても、そのLINEを送った時点で脈なしに格下げされてしまいます。女性のLINEの中身を鵜呑みにしてはいけません、ノリや感覚で書いている内容も多いですし、ソフトなボディタッチをしてくるのと同じ事です。

 

まとめ

いかがでしたか?「うざい」と思われないLINEを送る事で、最低限嫌われず、嫌われなければ好感度を上げていくことも可能だと言うことがおわかりいただけましたでしょうか?

 

相手のライフスタイルを考えた送信のタイミングや返信しやすい内容、他にもいくつかあげればたくさんありますけど、今回お話した内容を実践するだけでも随分かわってくると思います。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。