好意を持っている女性に連絡をしても返事がなぜか来ない、遅いという経験はありませんか?好きだかからこそ、相手の返事が早くほしい!でも来ない、どうしたらいいんだろう。

 

「そうだ!さっきの質問が悪かったのかもしれない。違う質問を送ってみよう!」と追撃に追撃を重ねてしまってはいませんか?

 

焦りすぎるがあまり、行動が独りよがりになってしまっているかもしれません。ここで一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

まずは、女性が連絡を返さない主な理由の8つです。

 

  1. とても忙しい状況で携帯を打つのもままならない
  2. 話の内容がとてもつまらなく、なんと返信したらいいかわからない
  3. 好意に気づかれてしまい、気まずく感じている
  4. 連絡が来るタイミングが悪い
  5. 女性の気分を害してしまった
  6. 連絡をもともとマメに返さないタイプ
  7. あなたのことを全く意識していない
  8. あなたの気を引くために返信をじらしている

上の状況を細かく分析していきます。

 

あなたの状況に一つでも当てはまれば是非対策を使ってみてください。

 

【1つ目の理由】とても忙しい状況で携帯を打つのもままならない

仕事や学業の中、あなたも忙しいと内容を見て返信をすることを忘れることはありませんか?いつもの連絡頻度に比べて突然連絡頻度が落ちた、また見てはいるけれど返事が返ってこない。そんなときは仕事やプライベートが忙しく返事をする暇が無い、または返事をすっかり忘れてしまっているのかもしれません。

 

半日から1日は返事を待ってあげましょう。早く返事が欲しいからとどんどん追撃するのは逆効果です。忙しい中追撃がきても返事ができないどころか「私の事情も考えて貰えないのか」と気分を害してしまう可能性が高いからです。

 

もし、半日から1日待っても返事が来ない場合は読んだことをすっかり忘れているのかもしれないので、「忙しかったかな、そんな中ごめんね。」など相手をいたわる文面で追撃してみましょう。決して相手を責めてはいけませんよ。

 

【2つ目の理由】話の内容がとてもつまらなく、なんと返信したらいいかわからない

送った連絡の中に、きちんと質問や選択肢は含まれていますか?話題がないあまり、自分の近況やその日の出来事のみを送ってしまう男性も多々います。そのような連絡ですと、内容はともかく付き合ってもいない男性のプライベートを教えられてもとても困るだけです。

 

なのでできるだけ返信のしやすいフランクな話題(例としては好きな食べ物や季節のイベント事、会社の中でしたら共通の上司の話や仲か良ければ軽い感じの業務連絡など)で連絡するのが比較的返事がしやすいと思います。

 

もし、送った内容について考えてみて「つまらない内容だったかもしれない」「選択肢がなく返事に困りそうな内容だ」と感じたならば、「そうだ、あと思ったんだけど…」などといった切り口で選択肢のある内容を送ってみると返事の確立がぐんっと上がりますよ。

 

また、女性は共感を求める生き物です。相手の使うスタンプや記号、顔文字や絵文字をきちんと察して女性が共感できるような話題だともっと会話が弾みますよ。

 

【3つ目の理由】相手に好意に気づかれてしまい、気まずく感じている

連絡の際にハートなどを沢山使用してはいませんか?聞きたいことが沢山あるあまり、ぎっしりと読みにくい連絡になっていませんか?軽いノリだとしても好きなど好意の表現を多用してはいませんか?

 

このような連絡に最初は嬉しそうに返事が返ってくるかもしれません。ですが毎回好意を示されすぎるとだんだん重たく感じたり、気持ちに応えなければならないのでは?と気まずく感じてしまうこともあります。

 

ですので相手の返事をきちんと見極めていきましょう。話題を逸らされたり、「うん、そうだね」など軽くあしらわれたり、向こうの絵文字やスタンプが減ってくるなど見てわかる変化がかならず有るはずです。

 

その変化に気づいてからすぐやめることができれば大丈夫ですが、見極めきれずに続けてしまうともう連絡が返ってこない仲になる可能性もあります。返事が来たことに浮かれすぎず相手の反応にあわせた返信を心がけましょう。

 

【4つ目の理由】連絡をするタイミングが悪い

相手の女性の仕事とあなたの女性の仕事、また学校は同じでしょうか?全く同じだったとしてもライフスタイルは一人暮らしから実家暮らしと様々です。そんな中あなたのライフスタイルに完全に合わせて連絡できる女性は希です。

 

職場が違ったり働く時間が違えばなおさら違います。それなのに相手のライフスタイルを完全に無視して連絡を続けてはいませんか?いくら連絡が来て嬉しい相手だとしても、生活スタイルに合わない時間に連絡が来ても返信はなかなかできないものです。

 

そんな中「まだ?」「何しているの?」などと追撃メールを沢山送られるととても不愉快に感じる女性はとても多いです。なので、連絡が遅いと思ったら一度相手の仕事や学校部活などのライフスタイルを考え直してみてください。疲れて寝ていたり食事の時間だったりします。

 

もし、ライフスタイルをなんとなくつかめたら返信がしやすいであろう時間(具体的には仕事終わりや寝る前など)に連絡をすると比較的返事を早く貰えます。

 

また、タイミングと言えば携帯を落とした、壊れてしまったパターンも考えられます。そうした場合すぐに返信できない事が多いです。そんな中焦って連絡をしてしまうよりも、なにも心当たりがないので有れば数日待ってみる余裕も大切だと思います
数日たっても連絡が無い場合一言「大丈夫?」など連絡を入れておくと携帯が直ったときや戻ってきた時に返信がしやすいです。

 

【5つ目の理由】女性の気分を害してしまった

何度も追撃しても、ライフスタイルを考えた時間に連絡をしても、返しやすい連絡をしたとしても連絡が返ってこないときは相手の女性が怒ってしまったのかもしれません。

 

相手の女性に会ったときに失礼な言動はしていないか、連絡頻度はどうだったか、連絡内容も相手の返事の内容をきちんと察して返信ができていたかなど思い返してみてください。

 

自分ではわからないことがあるかもしれませんが相手の女性のことを知っている人や、身の回りの女性に詳しい友達などに相談してみると解決策が見つかるかもしれません。

 

どうしても相談をしてもわからないときは、素直に「ごめん、自分なにか不愉快なことしたかな?嫌な気分にさせたなら申し訳ないです。何が嫌だったか教えてください。」と素直に聞いてみてください。

 

女性も基本嫌な気持ちではいたくないので教えてくれると思います。教えてもらった後は反論などはせず素直に聞いてくださいね。

 

【6つ目の理由】連絡をもともとマメに返さないタイプ

連絡を取るにも様々なタイプがいます。短文をこまめに返信し会話のキャッチボールを楽しむタイプや、用件を一文にまとめ長く連絡をするタイプ、また、文章より電話の方が早い用件のみのタイプなど様々です。

 

相手の女性はどのタイプでしょうか?あなたが短文タイプでも女性は長文タイプで内容を考えるために返信が遅くなっているのかもしれません。逆にあなたは長文でも相手は短文タイプの可能性、また、電話した方が早いのにな、と感じていることもあります。

 

もしできるのなら事前に女性の返信タイプをリサーチできるのが一番です。できない場合は最初は様子見で質問を短文で送りその返事を見て相手に合わせていくと相手も返事がしやすいです。

 

【7つ目の理由】あなたのことを全く意識していない

連絡の頻度は最初から少なめでしたか?あるいはだんだんと減ってきていますか?もしこの二つならあなたのことを元々意識していないか、意識はしていたものの興味が無くなってきている可能性が高いです。

 

元々意識されていなかった場合は、まず意識してもらい返事を返したくなってもらうことが先決です。もし身近にいて会えるのならば積極的に会って会話をしていきましょう。またアプリなどインターネットで出会ったので有れば何か共通の話題を先に見つけておき、一緒に楽しめるといいと思います。

 

好きなアイドルがわかればそれに関するテレビや情報を聞いてみたり、ゲームが好きならば一緒にプレイしても話題や接点が増え意識をして貰えるかもしれません。

 

段々意識されなくなってきている場合は、最初の頃を思い出してみてください。最初の話題を別の角度から話してみたり他に盛り上がりそうな話題をどんどん入れていきましょう。

 

また女性側の話題にもどんどん食いついて話を広げていきましょう。やはり話が盛り上がる=話が楽しい=意識するにつながります。

 

【8つ目の理由】あなたの気を引くために返信をじらしている

よくインターネットや女性誌でも紹介されているテクニックの一つです。相手の連絡からわざと時間をおいて焦らし、恋い焦がれさせる常套手段と言えます。

 

このテクニックの場合は長くても1日以内になんらかの連絡が大抵返ってくるのでわかりやすいとは思います。返信の中身がかわいらしく装飾されていたりスタンプが送られてきたりなど、とても楽しい雰囲気の返信でしたらその可能性が高いです。

 

その場合、こちらの返信も少し間をあけてから、楽しげに返事をすることにより女性側の気持ちも高ぶらせることができます。男性側から突然仕掛けてしまうと相手が好意を持っていた場合不安になってしまったり、空白の時間の間に気持ちが引いてしまうことが有るので、これも相手の動きに合わせて返信してみましょう。

 

ここまでの8点がだいたい女性が返事をしない理由になります。

 

なにか心当たりがある事はありましたか?もしあれば中に書いている改善点を試してみてください。でも、試してみたけど返事がすぐにほしい!とりあえず声をかけたい!そんな人もいると思います。

 

注意点

そんな人への注意点としましては、追撃の連絡は何度も送らないでください。

 

返事が来なくて早く見てほしくて何度も連絡したくなるのもわかりますが、返事をしない時点でなんらかの理由があるのです。それを無視して追撃を繰り返すことにより重たさを感じたりしつこさを感じ、結果もっと返事をしたくなくなります。

 

追撃の連絡を送る際は1~2日あいてから一通のみを基本として下さい。また、内容ですがよく見られる内容としては「おーい(^0^;)」「生きてる?(^_^;)」などと言う内容ですが一言だけ連絡されても返事が返しにくいです。

 

また冗談としても「生きてる?」などは不愉快になる女性が多いです。

 

追撃する内容でしたら会話内容を心機一転し全然違う会話内容を送ることができれば女性側も返信がしやすく不愉快にはなりにくいです。以上を気をつけながら、好きな人との連絡を楽しみましょう。