あの人と喧嘩してそのまま別れてしまった。ついカッとなって思ってもいない言葉を吐いてしまい別れに・・・相手が忙しく連絡しにくくてそのまま消滅してしまった・・・。人の数だけ別れはあるものです、それでもなお、あの人が好き!やっぱりこのまま終わらせたくない!やり直したい。

 

そんな相手がいませんか?やり直したいけど、声のかけ方がわからない。今更連絡しても良いの?不安しか生まれないかと思います。ですが、悩んでいても何も始まりません。

 

好きなのだから、もう一度チャンスを掴むためにも行動するところから始めてみましょう!

 

やり直したい時の心構え

好きな人とやり直したい!その一心だけではやり直してもうまくいきません。なぜ別れたのか、どうして喧嘩になったのか、どうして連絡が途切れてしまったのか。よく思い返してみてください、もしやり直せることになっても同じ事を繰り返してしまってはもったいないです。

 

過去を振り返り、見直してみましょう。そして、相手ともう一度やり直せるチャンスを掴んだとき、話し合う部分も出てくると思います。そのときは相手の意見も出来るだけ素直に受け取り改善していきましょうね。

 

悪い点は貴方だけではないかも知れません。相手の嫌なところを話すことがあったときも、落ち着いて話し合うという心構えを忘れないでください。それでは、久しぶりに連絡するきっかけに使えるシチュエーション6選です。

 

久しぶりに連絡するきっかけに使えるシチュエーション6選

忘れ物や借りていたものがあったときはそれをきっかけに

家を掃除していたときや会社、学校で机の中を見たとき。相手の忘れ物はありませんか?CD一枚でもペン一本でも、何でも良いです。相手の持ち物だとはっきりわかるものがあればそれを利用してみましょう。

  • 「この前掃除してたら、○が出てきたんだけどどうしたら良い?」
  • 「○って、××(相手)のだったよね。ちゃんと返したいんだけど、いつか暇かな?」

このような感じで、あくまでも「あなたに用事があるのではなく、借りたもの、発見したものをきちんと返したいだけ」という雰囲気で接しましょう。いきなりガツガツ食いついても、別れた相手としては戸惑ってしまいます。

 

別れた後で直接会うのが気まずい、と思うかも知れません。ですがやり直すのなら結局はいつか二人きりで会うのです。アピールするにしても、連絡より直接が一番です!気まずい気持ちは飲み込み、もし会って返せるのならば精一杯の笑顔で相手に渡しましょう。それだけでも、「あの子はちゃんと返してくれたな」と相手の印象に残りやすくなります。

 

また、もし直接会うことを断られて郵送で・・・などと言われても食い下がらないようにしましょう。しつこいのは男女共に嫌われます。まだ直接会いたくはない、ということはまだ冷却期間が足りていないのです。

 

素直に郵送で送付し、手書きでメッセージを、例えば「お久しぶりです、突然連絡してごめんね。最近寒暖差激しいし体に気をつけてね。長々と借りててごめん!ありがとうね♪またね!」という感じで、労ったり感謝を述べるカードを添えて送ると良いですね!

 

部活や会社の転勤や引っ越し、異動を話題に

もしも別れた相手と同じ職場、学校、習い事など共通点がある場合、そこでの人の動きを話題にして連絡を取り始めると良いかもしれません。

 

「そういえば○○(共通の知り合いなど)さんが転勤(退部)するらしいね。知ってた?」という感じで連絡してみると、共通の知人故に話が膨らむかも知れません。そういえばあんな思い出があったね、異動になっちゃうなら送別会でもする?など、実際に会うチャンスも掴みやすいのがこの話題です。

 

過去の思い出に触れることにより、自分たちの付き合っていた時代を思い出しやすくなります。過去の思い出は美化しやすいので、付き合っていた頃の楽しい思い出のみを思い出すかも知れません。そして送別会などを企画する事によって、実際に会うチャンスが出来ます。過去の良い思い出に触れたあとに実際に会うことにより、最初に付き合っていた頃の楽しさを再認識しやすくなるのです。

 

連絡先を変えて報告がてら

今、連絡と言ったらラインがメインでしょうか。もしかしたら連絡先はラインしか知らない、というパターンも有るかもしれません。このやりかたは、ラインだけではなく電話番号やメールアドレスまで知っている元彼元カノにしか通用しない方法になりますが、長期連絡を取っていない相手には一番連絡しやすい方法です。

 

一番気軽なのはメールアドレスでしょうか。メールアドレスを変更して、一斉送信を装いメールを送ってみるのです。「いたずらメールが多いので変更しました。無事届いてたらお返事ちょうだいねー!○○(自分の名前)」という感じで軽いノリ+返事の要求を送ります。ひどい別れ方をしていない限り、確実に返事は来るでしょう。

 

そこから「久しぶり!元気だった??久々に名前見てどきっとしちゃった!」という感じで返信をつなげていくと良いかもしれません。

 

また、もし可能ならば電話番号でも同じ手を使うことが出来ます。最悪、変更せずに友人に協力してもらい「変更したフリ」をしてラインに誘導するのも手です。ただ、知人に協力してもらいラインに誘導してもらう場合、友人のラインは電話番号検索拒否設定をしてもらう必要があります。

 

少し手間はかかりますが「電話番号変えたの」から少し連絡をして、落ち着いたらラインIDを送り連絡をとる。もし、復縁できたときには「○○(相手)とどうしてもやり直したくて友達に協力してもらったの。本当にごめんなさい」という具合に素直に謝ればこじれることはまずありません。協力してくれた友人にお礼も忘れないでくださいね。

 

わからないことを聞いてみる

相手の趣味について、もし自分も少しやったことがあるならば、それに関しての質問から声をかけてみても良いかもしれません。

 

ゲームが好きな相手でしたら

「○○(相手)がやってたゲームの△のところ、攻略見たけどどうしてもできなくて、コツとかある?」

パソコンが得意な相手でしたら

「急にごめん!パソコン得意だったよね?○でどうしてもわからないところがあるから少し教えてくれないかな?調べてもさっぱりで・・・」

という具合で話しかけるのがおすすめです。

 

あくまでも「自分で調べた(試した)けどわからない(出来ない)」という事を質問するようにしてください。今はパソコン、携帯で何でも調べられる世の中です。誰でも調べればわかることを質問してしまうと逆に嫌がられる可能性の方が上がります。

 

もしそのままうまく連絡が取れたなら、電話で聞いてみたり、直接会って一緒に趣味を楽しむようにすると良いです。一度別れた二人とは言え、一緒の時間、一緒の空間を共有することで無意識に相手に自分の事がすり込まれていきます。その結果、また自分を意識してくれるようになる確率がぐっと上がります!

 

自らイベントを立ち上げて巻きこむ

身近にいるのならば、自分からイベントをたちあげるのもおすすめです。特に、いきなり二人きりで会うのも緊張しすぎてしまうタイプにもおすすめの一手です。飲み会や歓迎会、年齢が同じならば同窓会、違うのならばお疲れ様会など、会の名称はなんでも良いです。相手と共通の人物と一緒に食事会をできる会を企画しましょう。

 

もし出来るならば、相手と仲の良い友人の誕生日会などの方が相手側に断られる確率は減ります。もし協力して貰えるのならば友人にも協力して貰い「誕生日相手にサプライズするから絶対来てね!」と念を押して貰うのも良いですね。

 

周りに人が沢山いることにより、二人きりよりは気まずさが軽減されます。また、楽しい食事会にすることにより自分自身の笑顔も増え、復縁したい相手の目に写ったときに楽しかった時のことを思い出させることが出来るかも知れません。

 

もしも呼び出すことに成功したときは、人が沢山いる食事会、飲み会の席だとしても出来るだけそばに近寄って少しでも相手に自分の姿をアピールしてください。もしそこで共通の話題を再発見できたなら、また連絡する機会が増え、復縁の可能性が上がります。

 

素直に話す

いろいろ考えてみたけれど、どれもうまく出来る気がしない。そんなあなたは、素直に話してみるのが一番です。
「久々に連絡してごめんね。あのね、別れたけど、やっぱりまだ好きなんだ。またやりなおせないかな?話し合いだけでもしたい。」このような一言を送ってみてください。よほどひどい別れ方をしていない限りは確実に連絡が返ってきます。

 

一番緊張し、一番気まずく、一番怖い方法ですが、一番効果があるのもこの方法です。素直に冷静に話しかける事によって相手もけんか腰にはなりません。また、話し合いだけでも、と言う言葉を添えることにより、話し合う機会を作ることが出来ます。

 

別れた直後には言えなかった改善してほしいところ、こんなところが嫌だった、あのときはごめんなさい。などなど、きちんと話し合いをすることによって、全く復縁するつもりがなかった相手でも心が動くかもしれません。自分の素直な気持ちをぶつけてみてはいかがでしょうか?

 

絶対やってはいけないこと

復縁の連絡にあたり、絶対にやってはいけない事があります。それは「相手を試す行為をする」です。具体的には、相手が復縁傾いてきているのに他の異性の存在をにおわせる話がまとまらず、悲しい気持ちになったからと言って「自分が死ぬ」行為をにおわせる事です。

 

これらの行為をして復縁したとしても、それは「好き」という感情ではなく「心配」「怖い」という感情からとりあえず復縁した。という形になり、長くは続きません。

 

他の異性をにおわせる行為は逆に不愉快になり、好きという感情から一気に遠ざかる危険の方が高いです。本当に好きで本当に相手のことを大切にしたい、復縁したいと願うのならば二つは絶対に行わないようにしましょう。

 

復縁のためには関わることが一番

いかがでしたでしょうか?上記は一例になりますが、とにかく、復縁するにはまた「相手に意識してもらう」事が一番です。また、過去の楽しい思い出があるので、最初の頃よりは意識してもらいやすくなります。「復縁なんてどうせ・・・」など、ネガティブに考える前に、今一度チャレンジしてみてください。