努力してモテようとしている男性には「ごめんなさい」って感じなんですけど、その努力がハッキリ言って女性から見ると大きく間違っている場合ってあるんです。

 

実際にモテない男性のほとんどが、頑張り方の方向や手段を間違えてしまっているばっかりに、女性を不快にさせつ勘違い男になってしまっています。今回はあなたがそうならないように、何が勘違いなのかを紹介していきます。

 

ミスター自己顕示欲

自分から「俺ってモテるんだぜ」アピールがすごい人は、そのほとんどが態度が大きいんです。他人を見下すことで相対的に自分の価値を上げようとしているのがミエミエです。

 

店員のちょっとしたミスにキレている姿をみると、正直一緒にはいたくありません。極めつけは女心をさもわかったような上から目線ですね。こんな人は序列を常に気にしているんですけど、自信満々に見える反面自分の価値がちょっとでも下がることを極端に怖がっています。

 

常に俺様キャラのつもりなんでしょうけど、女性はもちろん男性目線でも、一緒にいるのが恥ずかしくなるんじゃないでしょうか。結論、態度がでかい男性は小物です。

頼れる自分の演出

自己満男は、「頼れる自分」アピールがすごいんです。ズレているのに気づかない、迷惑でしかない頼りがいを演出します。何かといえばいつもおせっかいを焼いてきます。女性がちょっと風邪気味の時には「大丈夫?何か作りにいってあげようか?」というかなり恐怖な発言をしたり、「何でも相談にのるよ」的なアピールがうっとうしく感じます。

 

正直そんな優しさは余計なお世話だし、「頼れる」の意味を間違えています。要するにモテない男の頼れるキャラは、自己中以外の何物でもありません。モテる男性のやさしさは、さりげなく、スマートなんです。

 

全く面白くない女性イジり

恋愛テクニックのひとつに女性をイジる、というのがあります。すごく効果的なテクニックなんですけど、自称モテ男は誰かれ構わずタイミングも考えずにイジリます。そしてそれが素晴らしく面白くないんです。イジるためにはある程度親密な関係性になっていることが重要なんです。

 

なのに自称モテ男はハッキリ言ってつまらない話を振ってきます。ズレていて人を不快にするようなイジり方です。下手したら「あの人すぐいじってくるし嫌い」と女性に思われる可能性だってあります。抜群のギャグセンスでも無い限り、下手にいじるのはやめましょう。

 

オタクは嫌われる?

一般的にオタクの趣味と呼ばれているものに

 

  • 漫画
  • アニメ
  • フィギア
  • 鉄道
  • ゲーム
  • アイドル

 

などがあります。そしてオタクと呼ばれる男性は、だからモテないと勝手に思い込んでいます。でも実際は全く違います。本屋の漫画コーナーには、可愛い女性グループやカップルが沢山います。中にはフィギア大好き女性もいますけど、そんな女性もしっかり着飾ってキャバクラで働いています。まったく真逆の世界ですよね。

 

簡単にいうと、それと同じ事を男性もやればいいんです。最近の女性はオタク趣味を持っていたとしても、それだけで男性を嫌いになったりはしません。むしろ女性のほうがオタク気質を持っています。なのでオタク趣味自体は全く問題ないんです。

 

問題なのは、それに気を使うばっかりで周りが見えていない事です。自分を磨いて良くみせる努力を止めてしまっている事なんです。好きな女性を誘ってバーベキューをやろうなん発想や行動力もないんです。

 

待っていても女性からの告白なんてありません。そんなモテない人間に囲まれていれば、モテるスキルなんて磨けるはずないんです。まずは凝り固まった固定概念を捨てて、一歩外に出る努力をしましょう。

 

そうすればちょっとずつかもしれませんけど、全く問題なく女性とコミュニケーションをとることができるようになっていくと思います。

 

モテないのを環境のせいにする

今ではかなり比率は下がってきたんですけど、社会人の恋愛は約5割が社内恋愛が占めていると言われています。そういう意味では、会社に若くて女性がいないもしくは少ない環境にいる男性は、大きなハンデがあるでしょう。
でもだからといって絶望的じゃありません。

 

残りの5割は職場以外で知り合っているんです。考えてみて下さい。よくいくコンビニやレンタルショップ、居酒屋やバーに美容室やサークルなどなど・・・・。

 

「あ、かわいいな」で終わらせずにどうやって会話をしようか考えましょう。それが出会いです。何でも最初があるんです。周りの環境なんか関係ありません。出会いは自分で作りましょう。

 

彼氏持ち女性を諦めるのが早すぎる

モテないモテないと嘆きながらも、やっとのことで好きな女性がみつかりました。あなたは彼女と付き合いたいと思っています。ルックスが超好みで、趣味が同じで話も合います。そして何より自分に関心を持ってくれる女性が、ただ彼氏がいると知っただけで諦めていませんか?

 

せっかくのチャンスなんです。彼氏がいても問題ありません。たまたま知り合うタイミングが今カレの方が早かっただけです。キレイ事は言ってられません。選ぶの彼女自身なんです。今カレよりの魅力的な男性になって堂々としていればいいんです。

 

「男は中身!」は親世代の遺物

女性を見かけると誰にでもいい顔をして話しかけ、チャラチャラしている男性を軽蔑する男性がいます。男は黙って中身!と本気で考えている男性です。

 

でもあなたのお目当ての女性があなたの魅力を好きになるのはいつでしょうか?10年後ですか?のほほんとしていたら、魅力的な女性は他の男性に奪われてしまいます。

 

そのためには、今すぐあなたの魅力に気づいて好きになってもらわなくちゃいけません。
あなたはそのための努力をしなくちゃいけません。チャラチャラしている男が実際にたくさんの女性と知り合っているのは、彼らは彼らなりの努力をしているからなんです。

 

優しい=モテないの幻想

だいぶ前にチョイ悪オヤジというワードが流行った時期がありました。そしてなぜか、ワルが女性にモテるという迷信もあります。でもそんな単純じゃないんです。女性は、いろんな角度から男性を見定めます。

 

  • 経済力はあるか
  • 体は健康か
  • 家族を守れるか
  • 他の女に目移りしないか

 

そういういろんな不安を解消できる要素といえば、真面目て実直な男性です。いい父親になれそうな男性を本能的に選ぶんです。

 

ただ、例外として「ワル」がモテるのは「頼りがい」の部分でしょう。結論としては、正直で真面目て優しくて、経済力もあって、守ってくれる「力強さ」のある男性なんです。

 

気づいて!クールキャラはモテないって!

クールなキャラがカッコイイと思うのは男性だけです。男性目線でカッコイイだけで、女性からみたら単なるナルシストです。例外的にカッコよく見られるケースがありますけど、それは

  • 超絶イケメン
  • さりげないスマートなやさしさ+気配り
  • 何かあっても頼れるタフガイ

 

みたいに強烈に女性が惹かれる何かを持っているときです。もし、あなたが該当しないなら、今すぐやめてください。なんちゃってクールキャラの男性は、明るくするのがカッコ悪いと考えています。

 

女性と話す時は興味なさげに振る舞いますけど、性欲だけは人一倍です。さっきも話しましたけど、何も持ってないなんちゃってクールキャラは間違ってモテません。それがリアルです。しっかり現実をみて女性と接しましょう。

 

なんでするかな~下ネタ関連自慢

えっと、もはや、というか下ネタをする時点で死んでます。書くだけ無駄かもしれませんけど、万が一の事がありますので書きたいと思います。女性から見て一番バカバカしいのが、チ○コの大きさアピールをする男性です。
「俺って結構自信あるんだよね~」なんて言われても、「それで?」って感じです。いくら酒が入った席でも言っちゃいけません。そもそも、大きいのは男性目線じゃ羨ましいかもしれませんけど、正直痛々しいだけなんです。

 

それ以前にお互いを大事に思って愛し合えてるかどうかです。大きさで彼女が満足するわけじゃありません。
彼女はセックスフレンドじゃないんですから。ムードや言葉、前戯も含めたものが一番大切なんです。本当にモテる男は、意味不明な自己主張は絶対にしません。

 

「清潔感」と「心の余裕」

モテる男は女性にがっついたりしません。そして心に余裕があります。服装は、というとシワはもちろんないし汗や口臭のケアもしっかりしています。清潔感のある髪をしていて爪の手入れも怠りません。

 

反対にモテない男性はだいたい威張ったり「俺スゴイ」アピールをしています。女性は全く魅力を感じません。落ち着いて余裕を持って女性と接しましょう。

現実は金!なのかな?

正直、長い目で見ると・・・・・。ぶっちゃけこの要素が一番最強なのかもしれません。綺麗事は言いません。ある程度の稼ぎをして、しみったれた行動は絶対に止めましょう。

 

苦学生じゃあるまいし、いつもいつも「金ない」と連発しているんなら、あなたに彼女がいない原因は間違いなくソレです。貧乏(に見える)男性を女性は好きにはなりません。「金ない」発言は絶対にタブーです。

 

一瞬で魅力がゼロになります。お金を稼ぎましょう。もちろん、お金を持っていても、金持ちアピールは一切しない事が大前提です。

 

見た目は絶対条件じゃない

モテない男性は口をそろえていいます。「イケメンだったらモテるのに」って。そこで、「カッコよくなくてもモテている人いるでしょ」と言うと、「でも僕なんか・・・」といいます。なんでこんなにマイナス思考なんでしょうか。

 

正直モテない理由を探せばいくらでもでてきます。もちろん見た目も一つの条件です。見た目以外の条件が同じなら、女性は好みのイケメンを選びます。でも、あなた以外の男性が全員イケメンではありません。
自信をもってお洒落をしましょう。

 

出来ることは全部やりましょう。それ以上何も出来ないことは、長所に変えてしまいましょう。ダサい服なら着替えて、太っているならダイエットをしましょう。女性が男性に求めるのは総合力です。

 

ルックスは、「いいに越したことはないけど」という条件の一つに過ぎません。出来る限りのことをしたら、あとはテクニックでなんとかなるものです。

 

恋愛にマニュアルは本当にない??

マニュアル通りにやったって、どうせうまくいくわけない。本当にそうでしょうか。恋愛本なんか読んでもモテるわけがない。矛盾してますけど、まさにその『恋愛教本』に書いてあるので、びっくりです。確かに完全に間違いじゃないと思います。

 

全部がマニュアルなら、そりゃあつまらないし、相手は人間ですからうまくいかないケースもでてきます。でも要するに統計学みたいなもんなんです。恋愛にはルールがあります。よほどセンスのいい人は別ですが、大抵の人は知識や経験なしには失敗してしまいます。

 

なので恋愛マニュアルを読むことで、恋愛経験がなくても一定の経験値を得ることができます。結論、マニュアルをベースにして自分なりのやり方をするのが一番いいんです。

 

ちょっと強引な方がモテる

確かに・・・・一理なくはないですけど。正しいけど間違っている、というのが正解です。タイミングが大事、という事です。恋愛関係にかぎらず人間関係は小さな積み重ねです。相手の反応を見ながら時には押して、時には引かなくちゃいけません。

 

そんな原則があるのにいきなり最初っから強引にいけば、女性が逃げるのは当たり前です。最悪なのはフラれた後に熱くなって押しまくる男性です。いまさらゴリ押ししても状況は変わりません。じゃあいつ強気にでればいいの?それは女性が迷っている時です。

 

ハッキリした返事をしない時です。連絡してデートして、おしゃれなバーにいってお酒も入って。さあ、ホテルに、という時に返事がなければ押すんです。でも、慣れない男性はココで臆病になって押しきれないんです。

 

女性は嫌な時はハッキリ嫌だといいます。表情や素振り、仕草をみて「好意的に」迷っていると判断したら攻めましょう。女性もまったく何の期待もなしにあなたと2人でお酒を飲んだり、それっぽい場所にいったりしません。

 

「好き」が見抜かれたら不利?

子供だったら、自分が誰を好きなのか?というのが周りにバレるというのは、ものすごく恥ずかしいことです。もしもバレたら登校拒否レベルの恥ずかしさです。でも小中学生なら笑っていられますけど、大人になってもやっているんなら、全くの無意味です。

 

興味のない素振りを見せたりクールを装ったり、そんなことしていったい何の役に立つんでしょう。告白しない限り、相手の女性が態度を急変させることはありません。別に好意を見せてもいいんです。笑い飛ばせばいいんです。

 

「愛してるよ~」なんて冗談っぽくいってもいいんです。限りなくLIKEに近いLOVEでいいんです。よくも悪くも、そんな事やっているうちに親しくなっていますから。

 

告白は交際の絶対条件?

さっきいいましたけど、人間関係の距離は階段みたいなものです。恋愛に置き換えれば、初対面の女性に声をかけるのは会話をするため。連絡先を聞くのはつながりをもっておくため。コミュニケーションを続けるのはデートに誘うためです。

 

そうやっていつの間にか付き合っているのが恋愛の理想型です。でも「告白」は全部を飛び越えていくことです。マンションの屋上にいきなり飛び上がる事です。普通はエレベーターを使います。それにもし告白が必要だと言うんなら、断わる理由のない状況で男のけじめとしてするのがベストです。

 

高嶺の花は無理なんでしょうか?

「俺には無理」メチャクチャ可愛くて、ナイスボディ。さらにファッションセンスも抜群の女性を見ると、ほとんどの男性がそう思うんじゃないでしょうか。でも逆に美人の方が落としやすい場合もあります。

 

それは恋愛経験が豊富になればなるほど、もっといい相手はいないだろうか?と次の恋愛がしたくてたまらなくなるからなんです。海水を飲むと喉が渇きますよね?あれと同じです。なので美人は昔からチヤホヤされてたくさんの男性と付き合ってきたので、たくさんの塩水を飲んでいます。

 

タイミングがあえば付き合っては別れ、気まぐれに恋愛を続けるんです。確かに男性を見る目は肥えているかもしれませんけど、今までにないような男性を演じる事ができれば、あなたにも可能性は十分にあるんです。

 

まとめ

いかがでしたか?ウソのような本当の話です。勘違いしている男性がやっている間違ったモテ思考や行動をあなたはせずに、反対の事をして素敵な出会いを見つけましょう。