金もないしスポーツもダメ、ルックスも普通なのになんであんなにモテるのか?

一見全くモテる要素が見当たらないのに女性にモテる男をみて「俺の方が絶対イケてるのになんでなんだ?」と強烈に感じた事はありませんか?その理由は女性の恋愛依存の傾向をつかむと理解できるようになります。

 

女性の多くは恋愛依存の傾向があるといわれていて、それを理解して活用すれば好きな女性を自分に依存させて付き合う事ができる可能性がアップします。そうなると女性はあなたとは離れられない関係になっていきます。

 

簡単に言えばあなたにとても好きな人ができた時、仕事中でも食事中でも相手の事が頭から離れない、ということって経験ありませんか?そうなるように仕向けることで相手の女性の自分に対する依存度を高めていこう、という事なんです。この記事では、女性を依存させて落とす直接的な方法や7つのテクニックについて紹介をしていきます。

 

恋愛の依存の種類

男女関係なく恋愛そのものに依存したり、恋をした相手に依存する、などいろんな種類があると思います。今回はその中でも一般的な「共依存」という種類の依存について紹介していきます。相手を自分に依存させる、という表現の場合の依存は「共依存」といいます。

具体的には、

「恋愛対象の相手がいないとダメ」

「自分が必要とされないとイヤ」

「いつも世話を焼いている」

という行動に代表されるように、依存と聞いてほとんどの方がイメージするものです。依存症になる原因というのはいろいろあるんですけど、その中でも代表的なのが相手の女性を情緒不安定にさせるほど、気持ちを揺さぶる事でおこります。

 

例えば喜びと悲しみを交互に与えたり、快感と不快感のように正反対の感情を使い分けるのが特徴です。わかりやすい例でいうと、DV男が女性に暴力を振るうのに絶妙のタイミングでやさしさを出して依存させる、そして別れられないとうしくみです。

 

他人からはおかしいと指摘されていても、「ツライのにすごくやさしいから」という理由で別れられない人がたくさんいます。これは真逆の感情を交互に与えられる事で「共依存」になってしまっているんですね。

 

女性を依存させる方法って?

依存を生み出す上で全く逆の感情を交替で与えて、感情の揺さぶりで依存をさせる、というのは理解できましたでしょうか?その中には精神的に病んでいるんじゃないか?と思ってしまう「共依存」もありますけど、程度の差はあっても恋愛をしている男女には誰でも「共依存」を常に体験しています。

 

プロセスは別にして、結果的に依存状態になっているケースがほとんどなんですけど、意識的にその「共依存」を作っていきましょうという事なんです。重要なテクニックとしての「感情の揺さぶり」はもちろん重要なプロセスになるんですけど、その前にまず「ふと気づいたら自分の事(あなたの事)を考えている」時間を長くしていく作業をしていかなければいけません。

 

相手の事を考える時間を増やす事を「あなたを考える時間」を増やす事をしていかなきゃいけません。 「あなたを考える時間を増やす」方法としては、

  • 相手にお願いをする
  • 定期的に相手の目につく(意識する)ような物をプレゼントする、
  • 本やCDなど何でもいいので貸し借りをする

という風に、あなたの事を考えないといけない状況を、強制的に作ってあげることが一番効果のある方法です。その為の準備作業としては、いつも相手に優しく接して、相手にとって「この人といればいいことある=メリットがある」状態にしておいてください。

 

その後に相手の中で「あなたを考える時間」が多くなったタイミングで態度を豹変させます。すると、相手の心の中では既に「あなたを考える時間」が増えていますので、今までプラスのあなたと態度を豹変させたマイナスのあなたが交互に相手の女性の感情を刺激して揺さぶります。

 

簡単にいえば相手の中にあなたのプラスイメージを植え付けて、それを壊すような冷たい行動をするのです。そうするとどうなるかというと、相手の女性の頭の中に「?」がどんどん増えていきます。

「え?なんで?」

「私何か気に障ることしたかな?」

「今までなんでやさしかったの?」

「何のためにやさしかったの?」

こうすることで更に相手の女性が「あなたを考える時間」が増えていきます。プラスとマイナスの真逆のイメージあなたが交互に入れ替わって、相手の心の中であなたの存在がどんどん大きくなって、感情を揺さぶり始めます。それと同時進行で実際にあった時の対応も優しく冷たくを繰り返します。

 

ただ、ここで注意しないといけないのが、プラスに比べてマイナスの方が同じ量でも相手に与える影響が大きいので半々の割合でやってしまうと相手の女性が完全に離れてしまいます。

 

半々ではなくマイナスが3割くらいがちょうどいいと思います。ただこのバランスをとるのはちょっと難易度が高いので、最初は1割というかちょっとづつ試してみて増やしていくのがいいでしょう。知識として知っていても、自分が好きな女性に向けてやるのは難しいものです。

 

ヒモと呼ばれるような男性は無意識にやっているんでしょうけど、一般の人はさじ加減が難しいですね。ただ、そのテクニックを使った比較的簡単な感情の揺さぶり方を後で紹介します。かなりのパワーがある方法ですので、それをやるだけでも十分効果はありますよ。

 

女性の価値を表面化させてあげる

まずは女性の隠れた価値を表面化させてあげます。「素敵だ」とか「かわいい」や、「キレイな髪をしてるね」でもいいし「手が細いね」など、会うたびに常に褒めてあげるといいですね。

 

「こんだけ心のキレイな人にはあったことがない」など、真面目に聞いていると恥ずかしくなるような事を、何度も繰り返し言ってあげます。外見や身につけているものだけじゃなく、内面もあわせて褒めてあげると効果的ですね。

 

よくアニメやドラマなんかで

「かわいいよ~」

「今日も素敵だよ~」

といった感じで女性に声をかけているキャラクターの男性がいますけど、それを受けた女性は

「バカじゃない~(笑)」

「恥ずかし~」

 

とか言ってても、よっぽと生理的に嫌いな場合を除いて、まんざらでもない雰囲気を出していませんか?そうやって会うたびに何回も褒め続けていくと、だんだん女性の不安感やコンプレックスも薄くなっていくんです。

 

そうすると知らない間に女性はあなたに会うたびに満足感や快感を感じていって、例えて言えばまさに麻薬中毒のようになっていきます。あまり男性との接点がなかったり、チヤホヤされていないケースの方が効果があるようです。

 

「おだてても何もでないよ~」と言葉ではいっていても、間違いなく内心は喜んでいます。この段階のステップでは、LINEなどの連絡もマメにやって、そんなLINEのやりとりでも褒めてあげるのを忘れないようにしましょう。

 

女性の依存度を確認する

女性からのあなたへのストロークが多くなってきたと感じてきたら、相手の女性の自分に対する依存度を確認しましょう。ここでいうストロークというのは、例えば会話であったりLINEなどの発信の事です。あなたから相手に対するストロークより、相手からのストロークが多いな、と感じたら確認段階ですね。恋愛関係においてこのストロークってめちゃくちゃ大事な要素なんです。

 

長続きしているカップルや夫婦やしらない間に絶妙なストロークのバランスがとれています。話がそれましたけど、例をあげたら一緒にいる時の行動をみてみます。突然速度を早くして相手の女性を置いてけぼりにしてみるんです。

 

その時に相手の女性が「待ってよ~◯◯くーん」という感じで追いかけてきたら、「あなたの事ばかり考えている」依存の始まりです。ふてくされたりするようなら、まだ依存は始まっていません。最初に戻って価値付を繰り返しながらお姫様扱いをしてあげます。なんどかやっているうちに、よっぽど相手がSの女性でない限りは依存がスタートします。

 

女性に意味なく冷たくしてください

女性の依存度がわかってあなたのことばかりを考えている状態なら、間違いなく依存しています。つぎは今まで女性にしてきた事をぱったりと止めて、与えてきた女性の価値を取り上げましょう(褒めるのを止めてやさしくするのを止めましょう)。

 

これには女性を不安にさせる効果があります。具体的何をするかと言うと、マメにしていたLINEを1日何もせずに放置してみます。するとどうなるでしょう?前にもお話しましたけど、女性の頭の中が「?」でいっぱいになります。

「今日何かあったの?」

「今忙しい?」

「私、何か怒らせるような事したかな?」

という風に女性の方から連絡がきます。そうなればもう依存が始まっていると確信して間違いありません。相手のLINEを読んでもすぐには返信しないどころか、既読無視してください。これまでと全く違う、という感覚を女性に感じさせてください。

 

男性は好きな女性と付き合うことができたら(エッチする事ができたら)、ひとまず目標は達成しているので早く安心したいと考えます。男性にとってはもうゴールしているからです。よく釣った魚に餌はやらない、という表現がされる事があります。

 

女性が魚という表現は本来の意味とは全く違うので置いておくとして、ホントにその通りです。 逆に女性は付き合ってからがスタートで、これからあなたとの将来がどうなるかドキドキしながら夢を描いています。

 

もう一つの例えに正確な言い方はどうかわかりませんけど、猫はほったらかすと寄ってくるし、追いかけると逃げるといいます。まるで女性の恋愛感情を物語っているようですね。女性は好きな男性を振り向かせようとしている自分に酔うケースがあります。その状態が心地いいんです。なのであなたは、完全に手に入るような状態は常に避けなくちゃいけないんです。

 

プラスとマイナスは10:1で

女性を不安にさせるというのは、女性が深層心理で持っている「私は捨てられるんじゃないか?」という恐怖心を巧みに使って操る事です。面と向かって露骨にはいいませんけど、「結果的に今は付き合っているけど、問題が発生したらいつでもお前の事をすてるぞ」というマインドを女性の本能に訴えていくんです。

 

最低な男性だと感じるかもしれませんけど、ここで大事な事は「本気で捨てようとか冷たくしよう」とはもちろん考えていないことです。この一連のプロセスで女性側があなたを自分につなぎとめておこうと頑張っている状態になるので、結果としてはあなたから離れることがなくなるんです。女性を褒める事と不安にさせる事を交互に繰り返していってください。

 

方法としては何でもいいんですけど、社内の別の女性を褒めたり、元カノの話をする事などもいいですね。やり方によってはケンカするかもしれませんけど、致命的な結果にはならないと思います。

 

彼女は恋愛依存症になっていますから、ケンカしてもしっかりハグすれは機嫌はよくなると思います。この辺は理屈じゃなく感情の部分になりますし、元々女性は誰でも恋愛依存の傾向があるのでしっかりステップを踏めば恋愛依存にさせる事はそんなに難しくはありません。

 

男性が悪者みたいな表現が続きましたけど、別に悪いことではありません。女性もあなたの愛情に依存しているし決してそれはウソではないんですから。この方法でしっかり彼女とのストロークのバランスをとりながら幸せにしてあげてくださいね。

 

むちゃな事でも最後は信憑性だけが残る

好き同士の恋愛関係も結局は対人関係になるので、あなたの言葉や行動に信憑性があれば、さらに説得されやすくなります。でもなかなか信憑性を相手に感じてもらう事はできません。そこでスリーパー効果という心理作戦をやっていきます。内容はシンプルで、相手に向けてプラスのメッセージを伝え続けて行きます。

 

典型的な例が「おまえの為を思って言っているんだ」というフレーズです。依存させる事自体はそこまで難しくはないんですけど、悩んでいる事や問題点に対して解決策をみせて相手に選ばせます。そしてその内容を「あなたのため」というキーワードと一緒に伝え続けます。

 

ただしこれはしっかり自立して、自分の人生は自分で切り開く!というタイプの女性には効果ありませんので要注意です。困っているところに選択肢を与えて、あなたが選択した内容でも相手が選んだかのような状態にして、「おまえのため」というんです。

 

何度もやった後に「選んだのはお前だろ!」という風にしかります。ここでハマれば依存度はうなぎのぼりです。要はあなたが選んだものでも、ずっと「あなたのため」と言い続けていると、「この人は私のためにいろいろやってくれる!」という風に信憑性が上がります。最初のうちは無視されても粘り強くメッセージをつなげれば、スリーパー効果が生まれてきます。

 

繰り返して相手の女性に記憶させる

反復性効果というのがあります。これは説得のテクニックでもあるんですけど、短時間に同じメッセージを繰り返すというもので、さっき紹介したスリーパー効果と似ています。違う点はスリーパー効果は長い時間をかけてやっていく事なんですけど、反復性効果は短期で3回繰り返します。でもここで同じポイントを話していっても効果はありません。

「それさっきも話してなかった?」

「何回も同じ事言ってない?」

となってしまいます。

 

じゃあどうすればいいのか、という事なんですけど、意味は同じでも違う言葉を使って伝える事です。

  • トラブルなく家に帰れたか心配したよ
  • どこか具合わるいの?
  • 軽い女だと思われるよ

このワードに共通しているのは「あなたのため」という言葉を含めて相手に伝える事です。それをする事で「反復効果」というのを生み出して、「この人は私の事を大事に思ってくれている」となります。この流れをデートの中で3回やります。違う表現で同じ意味の事を相手に伝え続けて、あなたのメッセージがより相手に伝わるようになるんです。

 

大切なのは「何の為」

ここまでは女性を依存させて、あなたなしでは生活できないようにする、というテクニックを紹介してきました。ただ、これはあくまでお互いの幸せを考えてやっていかなくちゃいけません。「あなたの思い通りに女性を操る」ということではなくて、「自分を好きになってもらってお互いに楽しむ」という考えでやらないと、自分勝手な人間になってしまいます。

 

恋愛は相手あってこそだと思いますし、これまでのテクニックはきっかけとして、本音の部分でつきあっていって幸せになってもらえればと思います。