セックス(SEX)ワンポイントアドバイス管理人:ゆい

男として見られていない…
そんな時に恋愛関係に発展させるための行動をまとめました!
しっかりとチェックして、今の状況を打破してください!!

仲のいい友人だった相手を好きになって告白したら、「友達としかみれない」と返事をされた経験がある方も多いのではないでしょうか。中途半端な関係が苦手な方にとっては、そう言われてもこの先どう接していけばいいのかわからないという人も多いかもしれません。

 

フラれたわけじゃないとプラスに考えられる時もあればそうじゃない時もあります。両方の気持ちが入り混じって気持ちのバランスが崩れて何事にも集中できないという事も考えられますね。

 

でも、諦めるかどうかはあなたが決める問題だとしても、友人としてしか見られないというのは、逆に考えれば一気に恋人同士の関係に昇格することもできるわけなんです。それはなぜか?というと、相手に嫌われてしまって絶縁状態になったわけではない、というのが大きな理由となります。

 

場合によってはその告白自体がきっかとなって相手が意識する事もありますけど、関係性が絶たれていないというのがチャンスが全くないわけではないということなんです。今回は好きな相手に友達としてしか思われていない状況から、どうやって恋人同士の関係にもっていくか、そのプロセスと具体的な方法をご紹介いたします。

 

嫌われた訳ではない

まずは「フラれた=嫌い」じゃない、という事をプラスにとらえましょう。

 

自分は他の男性とは違って特別な存在だろうと考えていたのに、実は友達としか見られていない事がわかるとかなりショックなのではないでしょうか。

 

今までの仲の良さはなんだったんだろうって男性は思いがちですが、これまでの好意的なスキンシップや態度は「友達としては」という事で、「恋人として」ではないという事を認識して、冷静に考え直さなければいけません。決してマイナス面ばかりではないからです。

 

2人の関係というポイントを掘り下げて考えてみると、友達なんだけど恋人ではない関係って一体なんなんだ?とか、個人的な感情で「中途半端な関係は嫌だ」という風に相手に対して否定的な見方になってしまいます、でも、よく考えてみて下さい。

 

相手はそう言っていますが、あくまで「今は」という事ですから、ネガティブになってマイナス思考に落ちている場合ではありません。今の段階で重要な事は、なぜそうなのか?というのを第三者的に見て、どうやって恋人状態にステップアップするかということです。

 

なのでネガティブ思考からいち早くプラス思考に転換して、現状の分析をしながら自分はいったいどんな立場なのかというのを把握するのが大事なことだといえます。

 

状況認識

今のあなたはどんな状況?というのを考えましょうまずは現状分析ということで、自分の立ち位置というか、なぜ友達ではあるのに恋人にはなれない状態なのか?という原因を分析する必要があります。でもここでひとつ注意点があります。

 

珍しいケースなんですけど、女性の中にはあるタイミングで恋愛感情が持てないと、その後ずっと恋人には進展しない、そういう感情が沸かないという人がいます。

 

たとえば例をあげるとすると、「一度ない、と思ったらもう無理」とか「第一印象で除外された」などです。いままでの恋愛のケースにあてはめて、自分はそういうタイプの人間だと考えている人なんですけど、過去の恋愛情報というか傾向を把握するのはけっこう大事です。

 

そのタイプは固定概念を崩す必要があるので普通のタイプの人より時間をかけるべきかもしれません。ただ、イメージしてもらうとわかると思いますが、フラれてから一定期間は一切恋愛感情をオモテに出してはいけない事と、相手から話題をふられた時以外は恋愛関連の話は一切しないことが重要になってきます。もちろん恋愛履歴を確認するのはNGです。

 

完全に元通り、親密な期間が長ければ長いほどそのトンネルの期間は延びていきますが、成就させるめには忍耐も必要かもしれません。そして自分を客観視できるようになると、恋愛対象として見られない原因が見えてきますが、それを心理的な面から考えると、あなたは相手にとって「安心できる存在」なのか「不安定なちょっと危険な感じの存在」なのか、という事になります。

 

恋愛といのは感情の揺れの繰り返しから生まれてくると言われていますが、この「安心」と「危険」という感覚がバランス良く相手が感じていないと、どちらか一方だけではダメだということなんです。「いつも一緒にいて落ち着く」んだけどそれは「友達として」で「ドキドキしない」場合は安心感でしょうし、一緒にいて刺激的なんだけど危険な感じがするというのは「不安定な存在」になります。

 

どちらかひとつだけではダメで、相手があなたに対してどちらかを強く感じているままでは、恋愛対象になるのは難しいと言えるでしょう。その点を踏まえてなぜそうなっているかな?という事と、どうやったらステップアップできるかを考えていきましょう。

 

戸惑い・困惑

ここまでは自分を客観視することが大事で、なぜ友達状態なのかという事と、恋愛対象としてみられない原因なんなのか?という事が必要だということをご説明してきました。そして一番大事なポイントはあなたが相手にとっての感情を揺さぶる存在になるということです。

 

そのためにメンタル面をプラスに持っていく事と、自分のいままでの相手との関係性や現状を客観的に振り返る事で、戦略を立てていく上でのポイントが見えてきます。

 

そのふたつが出来た状態で、どうやって感情を揺さぶるのか?という事なんですけど、ポイントはギャップをみせるという事と、いきなりではなく少しずつ見せるという事が大事なんです。恋人同士のデートではなく、共同作業をする事というのはあると思います。何かのきっかけで買い物に一緒にいったり、目的を同じにして行動するときですね。

 

例えばいつもは相手の要望を聞いてその通りに行動していたのに、「今日はこうしよう」などと自分の意見を通してみる事です。いきなりするのが難しいケースであれば、「その前にこれやってもいいかな?」とワンクッションおくケースでもOKです。

 

これは「安心」→「不安」のごく弱いパターンですね。「あれ?」と思わせるのが大事になってきます。いつも安心感ばかりで不安感を与えていなかった場合のケースです。少しずつ少しずつ、恋愛感情はおくびにも出さずにやることが大事です。

 

相手のペースにあわせるようにして、少しずつ自分のペースに持っていくんです。逆に自分のペースばかりで接していたケースなら、相手にあわせる事が必要になってきます。

 

いきなりやると不自然ですから、あくまで自然に少しずつ、というのがどちらのパターンでもポイントです。相手が「あれ?」と思う瞬間やケースを少しずつ増やしていって、ひとつだけではなく複数のシチュエーションで行うと効果的ですね。

 

これを続けていけば、恋人未満の中途半端な関係から抜け出すタイミングやチャンスも見えてきますし、相手の行動に変化がでてきます。過去の自分の行動を振り返って分析してみると、行動をずらしていくことが恋愛に限らずいろんな面で役にたつというケースがでてくると思うので参考にしてみてください。

 

どれだけ自分の過去を冷静に客観視できるかがポイントになってくるので、しっかり分析していきましょう。フラれたあとに冷静になって客観的になるのはつらいことかもしれませんが、次のステップに進むためには大事なことですし、フラれたという現実を冷静に受け止める事ができて始めて感情の整理もつくと思うので頑張ってやってみてください。

 

セックス(SEX)ワンポイントアドバイス管理人:ゆい

あれ?この人私に告白してきたけどもう私の事なんとも思ってないのかな?と意識させるようになれば、あと少しです!

行動

具体的にはどんな行動をすればいいのかを説明していきます。仲のいい友達なんだけど、恋愛対象としては見られていなし、脈があるのかないのかはっきりしない関係というのはよく聞く話です。

 

こんなケースの時に「相手ともっと仲良くなりたい」と思ったり「友達ではなく恋人に」と考えるのなら、自分からアクションを起こしていく必要があるというのは前に書きました。

 

仲のいい何でも言い合える友達から恋愛対象者として見られるようになるには、今までの関係を変化させる必要があるんですけど、もう一回フラレてしまうとダメージも大きいのでリスクを最小限にしていく方法を考えていきましょう。

 

友達としての接点を常に持っておく

毎日会うわけでもないし会話もない、SNSなどのウェブ上でも接点がない、またはなくなった状態では、恋人どころか元の関係にもどす事すら難しいというのを認識する必要があります。でも何らかの形でつながりがあればやり方はいくらでもありますので安心してください。

 

告白前でも告白後にフラれた状態でも、恋人ではなくても友達の状態であれば可能性は0ではありません。ただし、告白をした時点で相手との間には壁ができていますから、仲の良い友達から「知り合い」くらいにランクが落ちてしまっている事は否定できないでしょう。

 

ですから例えば今までのようなスキンシップでボティタッチをしたりするのはやめておいた方が正解でしょう。「断る」という事は「仲のいい友達」という距離感が相手にとって最適の環境だったのに、あなたがその距離の中に入ってこようとしたので、「これ以上は近くにこないで」というメッセージだったとも言えるのかもしれません。

 

ですから「嫌われた」というのではなく「距離を保って」とのメッセージだったということを考えれば気が楽です。まずは長期戦になることを考えて、じっくりと時間をかけて関係回復をやっていって、恋愛対象までもっていく必要があります。

 

一度告白されて断ってはみたものの(友達としてつきあっていたのに)、知らない間に付き合っているというのが一番自然な恋人へのステップアップのパターンです。

 

感情の振れ幅を大きくして揺さぶる側になる必要があることはお話しましたけど、前の状況がどうであったかは別にして、悩み事を気軽に相談できるような関係までもっていければもう少しです。

 

悩みや不満を聞いてあげて理解して協調してあげる、決して否定せず肯定してあげる、このやり取りの繰り返しで信頼関係は生まれます。時間はかかるかもしれませんが、この状態が続くと知らない間に 「なくてはならない存在」になって恋愛対象になることは十分に考えられます。

 

何かの理由で精神的に弱っている時に支えになる、これだけでも十分に恋人候補の資格のひとつです。

 

告白をするタイミング

面倒くさい恋の駆け引きは全部なくして告白するのが一番シンプルです。確かに一番手っ取り早くて何も考えなくても済む方法なんですけど、よっぽど生理的に拒否感を抱いていない相手からの告白は、男女関係なく嫌いな人はいないと思います。

 

拒否されてしまうかもしれませんが、逆に即OKで付き合い始めるかもしれません。新しい環境でも新しい関係は素晴らしいものですが、リスクもあります。

 

相手の心理状態が友達以上で恋愛対象ならば、タイミングがあえば成功の確率は上がるでしょうが、そこまでいっていない時に告白しても結果はみえている、とも言えなくありません。特に一度目の場合はいいかもしれませんが、2度目の場合はできるなら相手に告白させる、もしくはそれと同じ状態にするのがベストではないでしょうか。

 

イベントや催し物を口実にした連絡方法

セックス(SEX)ワンポイントアドバイス管理人:ゆい

クリスマスやバレンタイン、年末年始や夏休みなどのイベントが多い時期に寂しい思いをしている女子は多いです!!

そんな時にユニークな話題や明るいニュースなどがあったら情報共有するというのも一つの手段です。

 

要するに口実になるんですけど、意外に口実はつくりやすいもんでそれを理由にして接点を持ち続ける事です。仲間内でプレゼントを自然にやり取りする関係であればあげるのもOKでしょうし、メールだけでもフランクな感じでいいですね。

 

精神的に落ち込んでいるときや寂しい時に手を差し伸べてくれす存在に対して、それだけで恋愛対象者になったりするケースも多いようです。

 

会社やサークルのイベント事の前にあいさつのメールをするだけでも印象は随分かわってきますし、イベントに参加すれば普段とは違う相手の一面がみえて、恋愛対象になる要素が増えたりもします。自分の個人的な努力だけではなく、周りの環境や力など、使えるものは何でも使っていきましょう。

 

区切りをつけて恋愛対象として意識してもらう

女性は男性と違って最初から異性との関係性を一定基準で区分けしていると言われています。例えば知人や友人、親友や恋愛対象者などですね。そこで大事なのは第一印象や長い付き合いのなかで「友人」ボックスに入れられているのであれば、自分から行動を起こして「恋愛対象者」のボックスに移動してもらわなければなりません。

 

一番手っ取り早いのはあっさり告白してしまう事だと説明しましたけど、もちろんOKな場合もあればNGの場合もあります。仮にフラれてしまったとしても、相手女性には意識の変化がでてきます。たったそれだけで「友人」から「恋愛対象者」のボックスの移動する可能性もあるわけです。

 

ただし急にやるとリスクが大きすぎるし気まずくなるかもしれませんので、偶然を装って一緒に食事にいく回数を増やしたり、買い物や何かの用事を一緒に共同作業として行う回数を増やしていけばいいと思います。それを重ねていって、そのプロセスで恋愛のスパイスを少しずつ、入れていけばいいでしょう。

 

また、告白は結婚のプロポーズとは違いますので冗談めかしていうのもポイントです。「この人本気でいってるの?それとも冗談?」という相手のクエスチョンを増やして、正しい言い方かはわかりませんけど情緒不安定にさせていけばいいと思います。

 

そういうスタンスで「告白」もどきのことを続けていれば、仮に失敗したとしても「なかった事」にすればリカバーしやすいでしょうし、相手に「え?」と感じでもらう事で少しずつ階段を登っていく感じですね。

 

彼女の気持ちを尊重する

女性はなんとも思っていない男性に対しては本性をみせない、と言われています。 逆に親密な関係になれば本当の姿が見えてきますので、そうなればお互いの関係はかなり進展していくでしょう。

 

女性は「しゃべりたい・会話や体験を共有したい」とよく言われますので、男性は聞き役にまわってしっかり気持ちよく会話ができるように努力しましょう。きちんと相槌をうって相手の興味に関心があることを態度でしめしていきましょう。

 

よく女性の特徴として言われるのが、男性に比べるといろんな場面で我慢しているケースが多くてストレスがたまっている事があります。そのストレス発散のための聞き役というのが、彼氏に求められているひとつの条件ではないでしょうか。

 

女性はいつも気持ちを抑えてそれがストレスになっている、だから素の自分を見せられる自分がいると、特別に意識してしまいます。そのなかでも感情をそのままぶつけられる存在になれればベストですね。

 

飾らずに素の自分をだせる彼氏は、好きなタイプの理想像のひとつです。それプラス包容力があったり頼りになるという要素が加わったら間違いありません。ですからひとりよがりの自己満足は成功しにくいと考えましょう。

 

ラインやメールの返事がこなくてもあせってはだめですし、相手のペースやライフスタイルにあわせて返信のタイミングも考えて送りましょう。大事な事は相手のストロークにあわせることです。あせってはだめだし、あせりを感じさせてはだめです。

 

相手が意識を変えていくまで、絶対に気がある、ということを感じさせてはなりません。相手があなたの事を恋愛対象としてみるようになってから、行動をおこしましょう。

 

経験を積む

恋愛だけではなくてビジネスの場面でも経験がものをいう事はたくさんあります。データを蓄積して次にいかすといった事です。集めたデータをどう分析して判断するかが勝敗の鍵を握っているともいえますし、運任せではなくてどんどん魅力的になるためには経験が必要だということを考えて、行動していきましょう。

 

それには、どれだけの経験をしデータを集められるか?そして、集めたデータを分析し判断できるのか?にかかっている部分もあります。

 

行き当たりばったりの恋愛ではなく、自分をブラッシュアップして魅力的にレベルアップしていきましょう。そうすれば無駄な恋愛なんかは1つもなくなると思います。