正直にいうとイケメンとお金持ちはモテます。でもそれは、イケメンじゃなくちゃいけないとか、お金を持っていなくちゃいけないとか、そういうことじゃありません。もちろんそのほうがいいわけなんですけど、絶対条件じゃないんです。

 

じゃあどんなタイプの男性が、「顔やスタイル、ルックスでもなく金持ちでもなく」モテるの?と疑問が浮かびます。その特徴とタイプを理解して自分を磨いて行けば女性から好かれるようになるでしょう。今回は、女性に大人気の男性の傾向を性格や立ち居振る舞いにスポットをあててお話します。

 

モテる男の特徴

まずはモテる男性にほとんど当てはまる特徴を紹介します。この特徴を身につけると、女性受けするオーラを身につけることができますので、あとはあなたの努力次第です。

 

優しくて親しみやすい

そこまでやる?と感心するくらい女性の身の回りの事に気を配っている男性がいます。誰に対しても平等に優しくできるという男性もいるでしょう。こういうことは人間性の素晴らしさの象徴だし、そんな男性を女性が好きになるのは当たり前とも言えます。

 

いつも周囲への感謝を忘れずに、知り合ったばかりの女性とも分け隔てなくフレンドリーに接する事ができます。心理的な壁を作らずに、自然に振る舞うことができるものモテる男性の特徴です。これはチャラさとは違います。自然なやさしさや気遣いで、違和感がありません。

 

溶け込んでいるというか、無理してやっているという感じが全くしないんです。そういう行動が余裕を持って出来る男性はやっぱりもてます。本当の男らさってこんなことなんだな、と感じます。

 

男女問わず友だちがたくさんいる

もうひとつは「女性がたくさんいる環境に身をおいている」ということがあります。これは「女性経験が豊富」ということじゃありません。もちろん経験豊富で女性に対する免疫ができている人の方がモテやすいというのは事実ですけど、100%じゃありません。

 

そうじゃなくて「女性がたくさんいるところにいる」ということです。その人自身が極端に積極的じゃなくても、女性の好みがその男性にピッタリと当てはまっていれば、周りに敵がいないということにもなります。そのためには、まずもてるためにはたくさんの女友達を持つ、またはそういう環境に積極的いってみるということも大事です。

 

そういう男性は女性に限らず男性同士の交友関係も広くて、その中でもある意味重要ポジションだったりします。それで必然的に出会いのチャンスが増えますし、仲間の信頼も得やすくなります。逆にいうと自分が優位に立てる(人間としての優劣の意味じゃないですよ)コミュニティの中に身をおく、という方法もアリです。

 

女性の前でも紳士的で自然体

最後に紹介するのが、「男性としての余裕」です。女性から見て余裕のある男性は、安心して全てを預けられるとうイメージがあるんでしょうか。そのため余裕があるかないかが、モテるかどうかの分岐点ともいえなくもないんです。

 

性格がいいとか悪いとか、暗いとか明るいとかとは別に、自分らしさを持っているというか揺るぎないというか、そういうものをしっかり持っている男性ほど、女性からみて余裕があるように映るんです。なので、バレないように自分磨きを欠かさずに、余裕のある男性を演じることは大事です。

 

やさしいのはモテる男性の条件のひとつではありますけど、それだけじゃだめなんです。「飽き」られてしまう、というのともちょっと違うんですけど、男女共通していえることなんです。自分らしさを大切にしていきましょう。でも、ある程度相手にあわせることは大前提ですよ。

 

モテる男性の性格

モテる男性とは主にどんなことに普段から気を使っているのでしょうか。女性が惹かれる性格とはどういったものなのか見てみましょう。普段から意識していく事で自分に取り入れられるようになりますよ。

 

優しくて気遣いができる

こんなところまで見ているの?と思うかもしれませんけど、例えばデートの時の店員さんへの対応です。お金を払っているとはいっても、店員さんへ細やかな配慮を示せる男性は、女性にとって魅力的にうつります。ちょっとしたことで苦情をいったり、客は神様といわんばかりの威張った態度は女性を幻滅させます。

 

「優しくない」「一緒にいて恥ずかしい」などの感情を抱きます。男性で勘違いしがちなのですが、イケイケの俺様系のほうが男らしいと勘違いしているんじゃないでしょうか?確かに男性はちょっとくらい強引な方が頼りがいがありますが、それとこれは全く別問題です。誰に対しても優しく接しましょう。

信頼できる行動

「ごめんなさい」と謝ることをせずに、すぐ自分を正当化する人っていませんか?女性にモテたいと考えているんなら、言い訳をするクセを今すぐやめましょう。出来ないものを出来ると言ってみたり、そのくせ出来なかったら言い訳をするなんて最悪です。

 

別に出来ないことを出来ないといっても恥ずかしい事じゃありません。ハッキリ断ったとしても、それはちゃんと社会的な信用にはつながります。有言実行、モテる男性のマストです。周りに流されてコロコロ自分の意見を変えるのもよくありません。

 

臨機応変というのは自分の考えがしっかりあってこそなので、中身もなく意見を変えたら信頼感なんて持たれません。ある意味自分の信念に従って多少の事じゃブレない強さが、女性としては惹かれます。

失敗を怖がらない決断力

女性の社会進出が当たり前になって立場が強くなった現代でも、やっぱり女性は男性にリードしてもらいたいと思っています。立場の向上と恋愛における希望は違うのかもしれませんね。自分の意見ばかりを押し通すのはいけませんけど、いろいろ相談した結果、最終的に決断すのは男性の役目だと思っている人も多いでしょう。

 

わかりやすい例をあげるなら、「今度どこいこうか?」じゃなくて「今度◯◯に行こうよ!いつならOK?」という感じでYES/NOじゃなくて、いくことを前提に予定を聞く、時にはこれくらいのリード力があってもいいと思います。失敗してもリカバーできると考えて、大胆な行動もモテる男性の秘訣ですね。

 

小さくても大きくても夢がある

大きすぎる夢は「嘘つき」ととられるかもしれませんけど、頑張れば実現できそうな夢をしっかり持っている男性は魅力的にうつります。考えの積み重ねが性格を変えて、行動を変えて習慣を変える。

 

その習慣が人生を変える、というのはビジネス書にもよくのっていますね。固い話になりましたけど、そういう夢を持って実現に向けて一生懸命な男性は輝いて見えるということです。何か一つ考えて、行動に移しておきましょう。

失敗しても引きずらない

完璧な人間なんてどこにもいません。人から見ればパーフェクトに見える男性にも、意外と人に言えない悩みがあったりします。そしてモテる男性は、人間誰だって失敗することをわかっているので、後々引きずりません。

 

原因を考えて次に繋げるための行動を起こします。くよくよネチネチしている男性は、女性でなくても頼りなく感じてしまいます。失敗してもそれで終わりじゃないでしょうから、切り替えて前を向いていきましょう。

女性だって1人の人間

女性にモテる男性は、世の中に女性が一人じゃないことをよく知っています。現に正確には違いますけど、世の中の半分は女性なんです。「女性はたくさんいる」「女性だって同じ人間だ」ということをちゃんと認識している男性は、女性に対して幻想のような過度な期待はもっていません。

 

逆にモテない男性は女性に対してありもしない夢のようなものを持っていて、勝手に「運命の女性」とか「君しか考えられない」と決めつけています。これって正直女性にとってはかなり重いんですよね。

 

一途なのとはちょっと違います。そうじゃなくてもっとフラットな感覚で女性をみて、自然体で接することが理想です。

モテる男の立ち振舞い

男性的でスマートな気配りを感じたとき、女性は嬉しくそして好意的に思うものです。これは決して大げさなことではないと思います。外見や性格とは別にモテる男性に共通している立ち居振る舞いをまとましたので紹介します。

相手の経済状況を踏まえた自分の行動を考える

これだけじゃないんですけど、お金の使い方をしっかりわかっている男性はやっぱりモテている傾向が強いようです。自分の年齢や相手の年齢によってもかわってくるとは思うんですけど、恩着せがましくないスマートなお金の使い方を参考にしてください。

自分が相手より年上のとき

自分が相手より年上のときは、なるべく相手の金銭的な負担を減らしてあげましょう。特に、相手に精神的な負担をかけないように「僕が誘ったんだからご馳走させて」という風にスマートに支払いをすませましょう。

 

恩着せがましくなく、「じゃあ今度はおごってね!」と笑顔で言えたら相手も女性も自分を大人の女性を認めてもらえたようで嬉しく感じます。必ず男性が出すもの、という意味じゃなく、お互いの距離感と立場を考えてということです。

自分が相手より年下のとき

お互いの経済力が同じくらいで相手の女性の方が年上の場合は、見栄を張る必要はありません。相手の女性もそのことはわかっているので、気持ちだけ伝わるようにしておきましょう。

 

デート費用でお互いが半分ずつ出すケースが何回があったら、ちょっとだけ自分の出す金額が多くなるくらいがいいんじゃないでしょうか。経済力が同じくらいならアピールしても仕方ありませんし、男性としての気遣いというか気持ちを全面に出していきましょう。

学生じゃないんだから一気飲みなんてしない

男性は30代を過ぎてくると女性からの人気があるていど上がってきます。というのも精神年齢も成熟してくるし、仕事も中堅でバリバリこなし、経済的にも余裕がでてきているからです。そんな中お酒を飲むコミュニケーションの場があったときに、大学生みたいな一気飲みとか、そいいうのもは女性は求めていません。

 

もてるどころか「いい年してなにやってるの?」と引かれてしまいます。お酒はゆっくりとコミュニケーションをとりながら楽しむもの、というのがわかっているから、いろんなところに気配りができるんです。

 

別にお酒に強くなくてもいいんです。周りを見てゆっくり構えて楽しみながら、大人の男性をアピールしていきましょう。

マナーをわきまえた行動をする

女性のテンションが下がらないように会話をしていくということは、デートでは当たり前です。お店の状態にもよりますけど、オーダーした料理がすぐ来る時もあれば来ない時もあります。そのタイミングでの行為が女性から注目を集めるかどうかの分かれ目になります。女性から好かれる男性は退屈な待ち時間も楽しいコミュニケーションタイムに変えてしまいます。

 

そして絶対にイライラしたりはしません。不平不満は口に出さずにニコニコ笑顔で会話をします。30代や40代の男性は社会経験もある程度積んでいますし、その場にふさわしい立ち居振る舞いが何なのかも理解しています。マナーを守ったスマートな対応で女性をもてなしましょう。

女性に気配った行動が出来る。

女性の小さな変化に反応してしっかり対応できる男性はモテます。それはもちろん女性をしっかり見ているという行為のアピールにもなりますけど、女性の見てほしいという承認欲求を満たす行為にもなります。この認めて欲しいという欲求を満たしてあげれば女性の高感度は一気に上がります。

 

女性に気を配ってエスコートすることで、居心地のいい空間を提供するのとあわせて効果は抜群です。常に女性の表情や行動、仕草に気をつけていればちゃんとした気配りができるようになると思います。

自信満々な態度とおっとりした動作

自信のないおどおどした行動は、女性を幻滅させます。やっぱり男性には堂々と落ち着いていてほしいと願っています。それは頼りがいがないと思われるかれだし、余裕がないともとられます。

 

最悪の場合は気持ち悪いと思われるケースもあるので常に気をつけておかなくちゃいけない要素のひとつです。モテる男性はちょっとやそっとじゃ動じない自然な態度がみについています。無意識にその自信が行動や立ち居振る舞いにでてきますので、ちょっとづつでもいいので身につけていきましょう。

女性をお姫様扱いしない

「あなただけは特別」という扱いをされると女性は嬉しいものなんですけど、やり方を間違ったり度が過ぎると考えものです。どんなにテクニックを身につけて実践できるようになったとしても、行き過ぎて女性に媚びるようになってしまったら逆効果です。

 

見返りを求めたり、気に入られようとするあからさまな行為は、女性にとっては下心にもうつります。女性は敏感です。男性にその気はなくても、女性にそう思われたのなら回復するのは難しいでしょう。女性は力強い男性が好きだということはお話しましたけど、この場合はまさにそれが当てはまります。

 

ご機嫌取りのアプローチは真逆の印象を与えてしまいますので、男性として意識されなくなる可能性もあります。見返りがなくても女性を守るのは男性の役目、みたいな感じで振る舞うことが、最近の男性には少ない行動ですので新鮮にうつります。バランス良くこれができたら、モテ男へのワンステップアップです。

 

まとめ

いかがでしたか?紹介したきたように女性の好みはいろいろあります。なのであなたがイケメンやお金持ちじゃなくても安心してください。今回紹介したポイントをおさえていれば必ずあなたを好きになってくれる女性はあらわれると思います。

 

目当ての女性がいるのならその女性に好意を抱かせる事も可能です。モテる、ということが目的なので忘れることは難しいとは思いますけど、意識しすぎてもいいことはありません。